使えばわかる!みんなのおすすめ二重アイプチの実力

二重まぶた整形の失敗談

手軽に二重まぶたになる手段として多くの人が選択するのがアイプチですが、中には「いつかは整形したい…」と考えている人も多いのだとか。
そこで、整形に関する情報をリサーチしました。基礎知識や体験談を紹介していくので、二重整形を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

二重まぶた整形基礎知識

二重まぶた整形には、大きくわけて2種類の方法があります。

  • 埋没法
    「プチ整形」と言われる施術の1つでもあり、メスを入れないでできる整形です。二重のラインを形成したい部分に医療用の糸を通し、まぶたに縫い付けることによって、二重まぶたを形成する方法。アイプチにも、この原理を利用した商品が多数ありますね。
    手軽で費用も比較的安い手段ですが、糸が切れてしまうと元に戻ってしまいます。中には2、3年で糸が切れてしまったり、目のトラブルで糸を抜かざるを得なくなってしまう人も。その場合は、再度施術を受ける必要があります。
  • 切開法
    まぶたにメスを入れて、二重のラインを形成する方法です。埋没法と比べて、手術後の腫れがひどかったり、費用が高額というデメリットはありますが、効果は半永久的。二重まぶたを手に入れるための、より本格的な手段だと言えるでしょう。
    ただし、手術をおこなう医師のセンスによっては、不自然な仕上がりになることも。結果が気に入らなかった場合も修正したり元に戻すことが難しいので、慎重に判断しましょう。

二重まぶた整形の成功例

  • 私は埋没法の二重整形をしましたが、宣伝通り、確かにほとんど腫れませんでした!次の日からメイクをして普通に外出できたし、仕上がりも自然。以前の私を知らない人からは、整形したとバレていないと思います。
  • 切開法で二重まぶた整形をした。埋没ではないせいか、手術後はしばらく腫れて大変だった。でも、落ち着いてきたらきちんと二重になって、明るく華やかな顔立ちになれた。
  • いかにもな感じにはしたくなかったので、自分の顔に合っていそうな奥二重にする手術を受けました。その後、2週間くらいはダウンタイムが続いて、不自然な感じでした。でも、完全に腫れが引いた今は…自然で綺麗な仕上がりなので、大満足です!

二重まぶた整形をして成功した例を見ると、顔立ちが変わったことや、周りにもわからないくらい自然な仕上がりになったことを喜ぶ声がたくさんありました。
ただし、成功した人たちも、手術後はダウンタイム(腫れている期間)が大変だったようですね。

何週間か続くこともあるようなので、学校や仕事をしている人は、隠し通すための工夫をする必要がありそうです。卒業や退職などを機に整形する人も多いようなので、長期間の休みが取れる時に実行するのがベストでしょう。

二重まぶた整形失敗例

  • 埋没法で二重にしましたが、一重に戻ってしまいました。その後、再び埋没法で整形しましたが、やっぱり元通りに…。埋没法は結局もとに戻ってしまうんですね。
  • 二重にしたくて、切開法で整形した。でも、幅が広すぎる二重になって、かなり不自然に…。メスを入れてしまったので、もとに戻したいと思っても、もうやり直せない…後悔の連続。
  • 切開法をしたけど、失敗。眉毛の位置まで以前と変わってしまった。修正できないから、この顔と一生付き合っていかなきゃいけないが、いまだに受け入れられないでいる。
  • 数年前に埋没で二重にしましたが、ラインが薄くなることが何回かあり、その度に施術を受けていました。その結果、何本もの糸がまぶたの中にある状態に…。このまま、大量の糸が入ったままの目なのかと考えると、不安です

整形の失敗談として多く見られたのは、「仕上がりが不自然だったが戻せない」というケースや、「せっかくやったのに、数年でもとに戻ってしまった」という声。
また、目のトラブルに繋がるなどの深刻な場合もあるようです。

このようなリスクを考えると、整形以外の方法で二重を手に入れる手段を探るのも、良いかもしれません。
現在は、メイクのためのアイプチ以外にも、本格的に二重のクセを形成するためのアイプチも販売されています。そのほかにも、まぶたの脂肪を減らすマッサージなどもありますよね。
これらの方法は、リスクが少なくコストも安いので、1度試してから整形を検討してみるのも、良いのではないでしょうか。

 
ページの先頭へ