使えばわかる!みんなのおすすめ二重アイプチの実力

ワンダーアイリッドテープ

ワンダーアイリッドテープは、一般的なのりタイプのアイプチと異なり、二重のひだをテープで作るという、埋没式の二重まぶた化粧品です。

商品:ワンダーアイリッドテープ
価格:1,050円/テープ120本(40本×3シート)
販売:株式会社ディー・アップ

 

超薄型テープで二重のラインを形成

ワンダーアイリッドテープは、シールタイプのアイプチですが、従来のシールとは異なる特徴を持っています。それは、シール部分の厚さが、わずか0.09mmだということ。糸のような形状になっているので、まぶたに食い込ませることで、深くはっきりした二重を形成できるのです。ここまで薄いので、シールタイプにありがちなテカリもなく、自然な仕上がりになります。

また、テープの材質にもこだわっており、医療用の接着剤を使用。そのため、プールなどでも剥がれない、強力なウォータープルーフでありながら、肌には優しいという2つのポイントを両立させています。

付け心地は、好みで選べるようになっており、2タイプを展開。エクストラタイプは、かっちりとした固めの付け心地で、マイルドタイプは柔らかくて優しい感じです。これは、接着剤の固さによる差で、粘着力や成分、効果などには、特に変わりはありません。

口コミでは、埋没法であることを評価する声が多く、二重が定着しやすいという声がたくさん見られます。しかし、塗るタイプやファイバータイプのアイプチと比較すると、やや目立ちやすく、自然に仕上げるには、練習が必要。二重ラインの定着を期待して、夜用で使っている人も多いようです。

ワンダーアイリッドテープを使った人の声

  • クセがついて、テープの使用回数がだんだん減少!(20代女性)
    3年前に使用しました。私は、寝る前にこのテープを貼っていました。剥がれないか心配で、アイプチを塗ってから貼ったら、起きてもぜんぜん剥がれていませんでした。1ヶ月くらいこれを続けたら、だんだん二重のクセが。毎晩使用していたテープが、2日に1回、3日に1回…と徐々に減っていきました。そして、2ヵ月後にはアイプチやワンダーアイリッドテープなしでも、二重まぶたになれました。もちろん、今も二重のままです。
  • 二重の定着には最適!(10代女性)
    二重の線をつくるには、とっても良いと思う。外には、ちょっと目立つから使わないようにしてるけど。これを付けていると、外した後も少しネバネバして、良い感じに二重のクセがつく。それを繰り返しているうちに、二重まぶたゲット!粘着タイプとかがダメだったなら、試してみる価値ありのアイテムだと思う。
  • シールなのに目立たない、納得の二重まぶた!(30代女性)
    ワンダーアイリッドテープは、両面に接着剤が付いているので、テカテカすることがありません。俯いたりしても、目立たなかったのが良かったです。ただ、アイシャドーが付着すると浮いてしまいます。だから、まぶたにしっかり埋め込むようにして付けると良いですよ。

夜の間に二重のラインを定着させたい方や、今までのシールタイプで満足できなかった人は、試してみると良いかもしれません。

<二重アイプチ製品大集合!おすすめランキング>

 
ページの先頭へ