使えばわかる!みんなのおすすめ二重アイプチの実力

間違った使い方はトラブルのもと

アイプチを付ける部分は、目のすぐそばで皮膚がとっても弱いところ。思わぬトラブルが発症してしまう可能性もあるので、十分に気をつけてください! 

二重アイプチによるトラブル・失敗例

安いアイプチを使っていると肌によくない成分が入っていることがあり、接着成分でアレルギー反応が出てしまうことも。まぶたがカサカサになったりかゆみが出ることがあります。
そんな状態でそのアイプチを続けると、まぶたがボロボロになりアイプチできなくなります

ほかにも、アイプチの成分と汗や皮脂などが反応し、皮膚が赤くかぶれる場合も。目が腫れてしまい、アイプチ前より目が小さく見えるようになるので、さらにアイプチを使う…という悪循環に陥ってしまいます。

また、接着剤を落とす時にこすりすぎ、皮膚に必要な皮脂や角質まで落としてしまうと、シミや色素沈着、皮膚の厚みが増えてします。「二重になりたい」以上の悩みを抱えてしまうことに

さらには目を完全に閉じることができなくなり、目が乾いてしまいます。涙が出る人、ドライアイになる人、視力が低下する人まで様々な症状があるそうです。

このように、目の周囲に関するトラブルが多数報告されているんです。実際に私もまぶたが荒れて大変な思いをしたことがあり、危険性については身をもって体験済み。ちょっとでも目に違和感があったら、アイプチはしばらくお休みしてください。

目・まぶたのトラブルを回避するには?

まずは、毎日目の状態をきちんとチェックすること。さっきも書きましたが、少しでも違和感があったらその日はアイプチを中止してください。絶対に、腫れをアイプチで隠すなんてことはしてはいけません

肌の弱い人はもちろん、失敗したくない人は、肌に優しい成分が入ったアイプチを選ぶようにしてください。

それから、アイプチはつけっぱなしにせず、オフ出来るときは必ずオフしてまぶたの負担を軽減してあげてください。オフは負担をかけずふんわり行うのが鉄則。落とした後は保湿や整肌効果のあるクリームでケアするのも有効です。

目の乾き対策としては、まばたきの回数を増やしたり、まばたきで目を閉じる時間を少し長くするだけでもだいぶ効果がありますよ。

 
ページの先頭へ