使えばわかる!みんなのおすすめ二重アイプチの実力

二重アイプチの使い方

アイプチを使う上で忘れていけないのは目元ケア。明るい表情や若々しい表情は、目元に表れます。いくらきれいな二重になっても、目元に疲れが出ていてはせっかくの印象が残念なことに。しっかりとした目元ケアの方法を覚えましょう。

目元に疲れを残さないポイント

●保湿

目の周りの皮膚は薄いことで知られています。ですから、目元ケアの基本は保湿。洗顔の後には化粧水で肌を柔らかくし、保湿効果のある目元用の美容液を付けることをおすすめします。乾燥しやすい目元には、セラミドやヒアルロン酸がオススメです。指でそっと押さえるようにしてなじませるのがポイント。こすると、シワの原因になりますよ。

●紫外線防止

皮膚の薄い目元は紫外線にとても弱い部分です。紫外線から肌を守るために、帽子やサングラスなどを活用しましょう。紫外線によってコラーゲンが壊されると、しわやクマができてしまいますよ。

●コリをとる

目を酷使する人は、目の周りがこっているといいます。そこでマッサージがオススメ。親指で目の上、中指と薬指で目の下を刺激してみましょう。ここはコリをとるツボなのです。血行が促進されて目の疲れを取る効果があります。

●血行促進

目の周りの血行をよくするのも大切です。それにはまず、お風呂で湯船につかるのがオススメ。血行がよくなるだけでなくリラックス効果もあります。また、睡眠不足は大敵です。寝不足で目の下にクマができるように、血行が悪くなる原因ですから、睡眠不足にならないよう心がけましょう。

若いうちから目元ケアを

日本女性が、目元ケアに気を付けはじめるのは30代以降。つまり、目元の老化や疲れに気づいて初めて始める人が多いのです。

でも、海外ではもっと早い時期から目元ケアをする人が多いのです。アイクリームや目元専用ジェルなどを使う年齢は、韓国女性は18~19歳、日本女性はなんと30~35歳。中には40歳過ぎてから始める人もいるようです。

そこで絶対にオススメしたいのは、早いケアの開始。まだ若いから、というのは今だけです。その気の緩みが後々大きな差を生むことになります。

後悔しても遅い目元ケア。朝夕のケアにプラスして目元専用美容液やジェル、クリームなどを使うようにしましょう。

 
ページの先頭へ